最後に


私がこのオンライン講座を開講しようと思い立った理由。

それは、お金という面も、もちろんあります。 なぜなら、私たちは日本語を教えることで生計を立てているプロの日本語教師であり、趣味やボランティアで日本語を教えているわけではありません。

でもやはり、それだけではないのです。

この16年で私が日本語を教えたベトナム人は、延べ1500人以上になります。 その中から、少なからぬ学生が、留学や仕事で日本へ渡りました。 多くは日本での暮らしをエンジョイしているようです。 が、中には日本での生活や仕事に適応できず、私に怒りや悩みのメールを送ってた人もいました。

初めての外国、初めての一人暮らし、勝手のわからない仕事・・・。 彼・彼女らが悩む気持ちは、よくわかります。 そして、彼らが直接関係している日本人も、また同じように困っているであろうことも。

私がその場にいたら・・・。正直、何度そう思ったかしれません。通り一辺倒の励ましのメールしか送れない自分に、ずっと無力感を感じてきました。

ですから、もう少し積極的な形で関わっていこうと、このスカイプ日本語講座を提案させていただきました。 これが、嘘偽らざる私の気持ちです。

もし御社がベトナム人社員の日本語能力に不足を感じているなら、ぜひ私たちにお手伝いさせてください。

ただ・・・。

仮に御社がベトナム人社員をただの労働力としかお考えでないのでしたら、私では力になれることはありませんし、また私自身、そのつもりもありません。どうぞ、ほかの学校をあたってください。

ベトナム人社員ご本人様が、日本語学習を「会社から強制された苦痛なこと」と感じているようでしたら、私がお手伝いできることは何もありません。ここでこのページは閉じてしまってください。


しかしもし、御社・ご担当者様が熱意と愛情を持ってベトナム人社員を育てていこうとお考えでしたら。そしてベトナム人社員ご本人も、情熱を持って仕事に取り組んでいるのでしたら・・・。
私達も精一杯のお手伝いをさせていただきます。

ベトナム人社員が、御社という素晴らしい職場環境の中で、自分の能力をのびのびと伸ばしていけるのであれば、私達はどんな努力も厭いません。

御社の良きパートナーとして、共に仕事ができることを楽しみにしております。


saigo.jpg


shiryouseikyuu.jpg


sain.gif




TOPPAGE  TOP 
RSS2.0